50歳で貯金無しの自営業が大殺界で借金増やして債務整理したバカげた過去を語る

債務整理(個人再生)手続きを開始した

あの頃から12年が経ちました。

どうも、ゴローです。

このページは自身の自己紹介的な役割をもたせたいと思い書いております。

半生を反省する、、

的な意味合いで恥を忍んで書き残します。

六星占術に沿って略歴まとめ

1994年 25歳 陰影 近所でヤンチャしすぎて地元へ帰りにくくなる

1995年 26歳 停止 阪神大震災被災 荒れた生活、ヤクザにしばかれ逮捕される

1996年 27歳 減退 社内恋愛バレて転勤させられ栄養失調で順天堂大学病院へ搬送

1997年 28歳 種子 遠距離ながらも愛を育む

1998年 29歳 緑生 借金整理(親代払い)結婚

1999年 30歳 立花 楽しい夫婦生活

2000年 31歳 健弱 給料上がらないけどパチンコ狂い

2001年 32歳 達成 第一子誕生 欲しい車買った パチスロ始める

2002年 33歳 乱気 パチスロにハマりすぎる 車手放す

2003年 34歳 再開 借金整理(2度目の親代払い)

2004年 35歳 財政 お金なかったが無借金で気が緩むアフィリエイト開始

2005年 36歳 安定 パチスロハマり借金はじまる、アフィリエイト儲かる

2006年 37歳 陰影 娘生まれる、副収入を頼りに会社退職願い提出、独立へ

2007年 38歳 停止 2月に退職するなりFXボロ負け借金1000万円債務整理

2008年 39歳 減退 売上回復したがリーマンショックで打撃受け年末に車に轢かれる

2009年 40歳 種子 年収増えて調子乗る日々、会社設立

2010年 41歳 緑生 債務整理の返済終了、楽になりすぎて夜の街で遊び始める

2011年 42歳 立花 夜遊びやめれず離婚危機

2012年 43歳 健弱 夫婦戦争 第一次大戦開戦

2013年 44歳 達成 夫婦戦争終結するも精神崩壊そして第二次夫婦大戦再開

2014年 45歳 乱気 夫婦戦争継続 嫌われる勇気を読んでマジ世間に嫌われる

2015年 46歳 再開 年初に夫婦戦争終結 過去最高売上達成 引こもり

2016年 47歳 財政 年度後半に売上激減 引き篭もりすぎて健康をなくす

2017年 48歳 安定 売上なくし貯金で生活

2018年 49歳 陰影 経済的にピンチなアラフィフ

2019年 50歳 停止 どうなることやら。。。

かれこれ6年ほど引き篭もり生活を経て何者でもない50歳へ

要約するとこんな感じ。

一応、前半部分を

以下に詳細を書いておきます。

間違いだらけの人生なので人生で躓いてる人がいたら、反面教師的に参考にしてくれたらなと思います。

こんな生き方がいいのか悪いのか?

失敗だらけです。

それでもまだまだ人生は続きます。

個人的に一番理解してるのは

私自身が一番大事にしているのは妻と家族

なのにキッツイ時系列を作った半生に反省。。

そんな感じです。

では

まずは私の主な仕事アフィリエイトについて

今の時代、猫も杓子もアフィリエイトのことは知ってると思うので、14年間アフィリエイトで生活してきた私の反省を記録しておきます。

自己紹介2.0

35歳から始めたアフィリエイト。

当時は携帯アフィリエイトといってガラケーで見るサイトからのアクセスで広告へ流して報酬をもらうという仕事をしていました。

そこから毎月収入が生まれるという感じです。

今さら感があるので月に○○万円稼ぎました!的な表現は控えておきます。

12年間で平均すると年商が8桁乗るか乗らないかでずっと続いた感じです。

振り返るとサラリーマンの年収相応かと思います。

30代後半に給料とは別にそんなお金が入りだしたもんで、調子乗って調子乗って過ごし始めます。

30代後半バカが金持つとこうなる

もともと経済的に余裕ない人生です。

29歳で最愛の妻と結婚。

32歳のときに子供が生まれ、36歳のときに第二子が生まれましたが、35歳くらいから缶コーヒーを買う100円が厳しい。。そんな生活をしておりました。

勤続14年の会社は給料が上がらず会社自体が売却のピンチ、管理職だった私は給料が毎年下がるという非常事態。

家族4人で年収420万円をピークに毎年6万円ずつ下がり続けているところでした。

そんな折、私が勤務する会社と同業他社がネット広告で集客している様子を発見し、どうやってるのかな?と勉強を始め、気がつけばそれらの各社の広告を扱うアフィリエイトサイトが生まれていた。

そう、キャッシング各社の比較サイトが生まれた。

2004年の話です。ガラケー時代です。

毎月給料の3倍ほどのお金が入ってくる。

寝てても海外にいてもお金が入ってくる。

そんな生活が始まりました。

がしかし、

100円にも困る生活してた男が急に100万円単位のお金を手にした

生活費でもないお金。

なんら目標があって作ったわけでもないお金。

持ってると税金かかるだけのお金。

税金いっぱい払うの?

税金対策って何か買えばいいの?

このままだ稼いだ半分が税金になるの?

こりゃいかん!

目に映るモノ、

高価なものを買い漁った。

高価なものと言っても、ただただ自分の手に届くものを買う。

主にブランド品を買い漁ってました。それを記事にすれば経費になるだろう、、みたいな感覚でした。そして主に海外へ出向いて買い漁って、それを情報化すれば節税になるのでは?みたいな感じで無茶してました。

結果、浪費癖が身につきます。。

給料以外に毎月100万円以上のお金が入る。

バカでお金の使い方を知らない人間は転落します。

38歳の頃、無駄遣いが進みすぎてFXで全財産なくしました

低レベルなところで金銭感覚がずれてしまい

お金を何に使っていいのかわからず

  • パチンコ・パチスロなどギャンブル
  • 見栄のブランド買い
  • 毎日外食

が止まらなかったんですね。

結果、調子乗りすぎて会社にいずらくなり退職。

14年勤務の退職金280万円を2日で溶かす。

退職後はFXや株でお金をなくす日々。

入ってくるお金では負けた分を取り返せなくなりアコム武富士、アイフル、プロミスとか10社以上借りまくる借金抱えまくりの多重債務となる。

挙げ句、もと債務整理の顧客を取り仕切る人間だった自分が借金に押しつぶされ債務整理をしました。

アホでしょ。

退職直後に、当たり前のように入ってくるアフィリ報酬がぶっとび(2007年のG様アプデ)

生活費も貯金もまったくない

そんな生活が始まりました。

37歳~38歳の頃の話です。

年収ベースで300万円台から急激に1000万円オーバーになり思考が追いつかずなんやかんや間違ったお金の使い方をしていました。時間も過ぎ去りました。

しかしながら自営業の自由度は高い。

その後、「昔のSEO」といわれるズルい方法で売上だけは伸びた。

そして

偶然生きれる40代が始まる

40代になり

年度の売上も過去最高を記録し調子に乗って遊び始める。

三つ子の魂100まで

お金の使い方を根本的に理解できてない私

まだまだ人生を間違えます。

過去最高の売上に舞い上がり、

おかしな方向へ進みます。

夜の世界にはまり込み。。

男女の世界にまみれ。。

ワタシは地に落ちて行く・・

あいかわらず、お金の使い方、人生の考え方と向かい合わずにいた結果、貯金なし、資産なしで健康状態も悪化したまま50代を迎えることに。

50歳で再度迎える大殺界

また迎えた大殺界

過去の失敗を教訓に

50年生きてやっと、少し大人な考え方に近づけたような気がします。

振り返ると愚かな自分の半生。

せめて、借金で悩む方の参考になれば、、と

恥ずかしい過去を晒します。

ワタシの経験はこんな人に役立つはず

人生に迷ってる人

失敗してしまった人

離婚危機にある人

男女関係で苦しんでる人

借金で困ってる人

このような人たちに役立つ成功事例はいくらでもあるはず。

この私のブログでは「人生の失敗例」と「失敗からの脱出方法」という2面において参考になる経験談が詰まっていると思ってます。

給料上がらずギャンブルに依存し

パチンコで負けを取り返せずパチスロへ

パチスロで負けがたまり込み債務整理

家族が増えたが給料増えず、またギャンブル依存

やっと出会えたネットビジネス

偶然にも稼げてしまい無駄遣いを覚える

稼いだ金を湯水のごとく使い捨てる人生

毎夜毎夜キャバクラで溺れ

キャバクラ帰りに風俗へ行く

せっかく稼いだお金を使い切り

半世紀生きた結果、貯金もない。

バカな行動しか思い出せないほどゲスな男です。

そんなアホでゲスい旦那なのに、

そんなカスみたいな男なのに、

一緒に暮らしてくれる太陽のような女性「妻」

奇跡のように優しい妻と一緒に生きられる喜び、

妻の達観度合いは観音様レベルです。

妻が達観してるから私はここに「己のバカさ加減」を晒すことにしました。

私が一つ言えること

それは

借金の悩みは法的に解決するほうが良い。

ずっと悩んでても前に進みにくすぎます。

借金つぶす

借金焦がす

どれも道徳的に見ると気が重い行為です。

でも、

法的に認められた整理が出来るわけですから

長い人生考えてみれば

借金という悩み

この重荷は誰でもおろせるんです。

早く重荷をおろして楽になりましょう。

そこからスタートすれば

私よりバカでないあなたは

きっとよりよい未来に

たどり着けるはずです。

アホなのに

偉そうなこと言ってすいません。